好きなことを発信するためにブログを始めた話

50才、男性のエッセイ : 私はサイクリングが好きなので

私はサイクリングが好きなので、サイクリングの様子を写真や動画にとって、みんなに発信しています。最初は、「友達が見てくれればいいなぁ」と思っていたのですが、ある日突然、コメントをいただきました。
「凄いですね。驚きました。
ありがとうございます」という短いものでしたが、ネームに見覚えがありません。まったく知らない人でしたが、「えっ、見ず知らずの人でもこんなことで驚いてくれるんだ」と思い、約1週間後に2つ目のブログ記事を投稿しました。

するとまた「第2部が出たのですね」という反応をいただきました。
まるでどこかの誰かが私の行動を後押ししてくれているように感じました。
そこで、私のサイトのアクセス分析をして調べてみると、1週間のうちに100人以上が閲覧していてくれたのです。
この日から私の楽しみは、サイクリングから読者への反応や情報提供へ変わりました。

「よし、今度は、こんな場所でもサイクリングができることを見せてやろう」「こんな凄く綺麗なところも自転車で行けるということを示してやろう」と思ううちに、今では、日本国中をブログのために走るようになり、サイクリングが好きなのか、ブログ投稿が好きなのかわからない状態になっています。
しかし、大切なことは、好きなことを発信するためには、「好きなこと」だけでなく、好きなことを「みんなのために発信すること」も「好き」でなければできないと気づきました。
かくして文字通り、好きなことを発信するためだけのブログに成長しました。

Copyright (C)2019好きなことを発信するためにブログを始めた話.All rights reserved.