好きなことを発信するためにブログを始めた話

39才、女性のエッセイ : 友達に共有するには恥ずかしい

友達に共有するには恥ずかしい、だけど自分の感性を表現したい、と詩のブログを書くことにした。
同じものを好む人と交流をしたいと思うようになったからだ。そこで、まずいろいろなブログを読むことから始めた。どんなものが人気があるのか、どんなものに注目が集まるのかを調べることにしたのだ。読み進めているうちに、どうも自分が表現したいものは人気のあるような明るく前向きなものではなく、もっと本質的でストレートな表現を好むことがわかった。
とりあえず、まわりの反応を気にせずに書きたいことを書いてみることにした。
最初は恐くてコメント欄を開けることが出来なかった。
しかし私がつけたコメントに返信という形で感想をもらったり、意見をきいたりすることで同じものを共有できる喜びを知ることが出来た。普段は関わることのない人達と毎日、コミュニケーションをとるようになり、今ではブログは私の生活にとって欠かせないものになっている。
そのブログも始めて4年が経とうとしている。初期に書いた記事は気恥ずかしさが残るようなものばかりだが、今となっては良い思い出だ。私の毎日は、ブログを始める前より充実している。

Copyright (C)2019好きなことを発信するためにブログを始めた話.All rights reserved.